自宅用のWifiには大きく2種類

自宅でWifiを利用してインターネットを使用するとなると、そのやり方は大きく2つの方法に分かれます。

1つはインターネット回線そのものは有線で導入し、そこに無線LAN機器を有線接続し、その無線LAN機器とパソコンの間を無線接続するやり方です。これは自宅では一般的に普及している方法で、NTTなど有線回線事業者と回線契約を、プロバイダ事業者との間でプロバイダ契約の2つを行います。もちろん回線導入のための接続工事を必要とするのは言うまでもありません。無線LAN機器そのものはどこかの家電量販店や通販サイトなどでいろんなのが売られていて、気に入ったのを買いますが、無線LAN機器そのものに月額契約などは必要ありません。

契約と端末などを用意すると、光回線の場合はONU装置に電話回線を有線接続し、電話との間にも有線回線を接続します。ONU装置と無線LAN機器の間にLANケーブルを有線接続したうえで、パソコンと無線LAN機器とを無線接続します。もう1つは世間でいうところの工事不要だとうたっているやり方です。これはWIMAXなどモバイルWifiを利用する方法で、これだと端末とパソコンを無線接続するだけでインターネットが可能になります。

最近はその屋外へも持ち出せるモバイルWifiだけでなく自宅など建物内専用にアレンジされた自宅用Wifiなる端末も登場しています。これらの端末はモバイル型の場合は電池で稼働し、自宅用の場合はコンセントに接続するだけで使用可能です。世間でいうところのWifi端末を利用する場合はNTTなど有線回線を必要としておらず、回線そのものは携帯電話かスマホみたいな感じでつながります。なので手続きと接続作業が非常に簡単です。ただし端末を利用するには月額契約が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *