保育士の専門学校について

  • 求人数が増えている保育士という仕事について

    • 今、保育士の求人が増加しています。
      その背景にあるのが、政府が進める子育て支援の影響だと考えられています。



      子供を持つ女性の社会復帰を支援する制度の一環として行われ、児童を預かる施設を増やすことで、女性が安心して仕事ができる環境作りを目指しているのです。


      そのため、保育所や児童養護施設などだけでなく、児童館や学童クラブなど様々な保育の施設が増設されているのです。

      さらに、政府の方針に後押しされ、大型商業施設にも託児所を設けたりと、保育の仕事の幅が広がっています。

      以上の理由から、保育士の求人が増加し、多くの人に注目されているのです。では、保育士になる方法について紹介します。

      まず、国家資格の取得が必要になります。

      国家資格取得方法には、主に2つあります。1つは、大学や短大、専門学校を卒業する方法です。


      もう1つは、保育士試験を合格する方法です。


      試験合格には、通信講座などで勉強するのが最も効率的であるとされ、すでに社会人として活躍している人や、結婚や出産でブランクがある人にも選ばれている方法となっています。

      特に、近年30代以上の女性が保育の仕事を目指すケースが目立っています。



      その背景にあるのものは、求人数の多さだけでなく、女性が働きやすい環境があることが原因になっています。

      つまり、国家試験取得者であることから派生する利点があるためです。



      資格を有しているため、休職などを余儀なくされたとしても、再就職先を探しやすいためです。

      また、働く施設が多岐のわたるため、自分のライフスタイルに合わせた就業先を選択できるという利点もあります。