保育士の専門学校について

  • 保育士の求人情報について

    • 保育士の求人情報で求められる仕事は、幼稚園や保育園で未就学の子供達を保育する事です。
      朝、子供達が登園して来る前に園の掃除などをし、迎え入れる準備をします。
      そして子供達が登園してきたら、体操服やスモックに着替えさせたり靴を履き替えさせたりし、水筒や鞄といった持ち物を定位置に置いておくのを手伝い、歌を歌ったりお遊戯をしたりします。


      その際ですのに、ピアノを演奏できなければなりません。

      これは保育士資格を取得するために必要な単位として組み込まれています。

      それから夏はプールに入れたり秋はお芋掘りや運動会など、季節に合わせた保育内容を実施していきます。
      保育園であればトイレトレーニングや食事の躾も求人されている保育士の仕事となります。


      保育園バスが出ている園ではバスに同行する必要もあります。



      そして保護者に引き渡した後には部屋の片付けや飾り付けなど、次の日の準備をしたり、出欠ノートにシールを貼ったり園での様子を記入するため、園児一人一人の特徴や生活を観察しておく必要があります。



      園児だけではなく、他の先生達や保護者とコミュニケーションも図らなければならず、幼児の命を一時的に任せられているわけですから、責任感の強い人が向いていると言われています。
      昔は保母さんとも呼ばれていましたが、男性でこの職業に就く人も多くなってきた事、また男女差別をする事のないように、「保育士」という呼び方が定着しました。



      保育士として園に求められる求人情報では園児達をまとめ、指導する力です。